WORKS
038.
愛らしい家(東京)
Adorable House
Design : Kouichi Kimura
Photograph : Yoshihiro Asada
都心の市街地に建つ、比較的狭小な29坪の敷地に計画された夫婦と子供達のための住宅。
敷地周辺は、新しいマンションや様々な形態の住宅が混在しているが、前面道路を挟んだ向側には公園があり、子供達を公園で遊ばせることができる。
今回は、この立地環境を活かした小さくても機能性とデザイン性を両立した住宅をつくることが求められた。
外観は、形態のヴォリューム、プロポーション操作によって重量感と浮遊感を合わせ持ったデザインとなっており、キャンチレバーで持ち出したピロテイの軒下空間は、駐車スペースとポーチ、エントランスアプローチとして利用される。
ポーチと道路境界にできたスペースには、植栽を施し、建物の演出と公園とのつながりを感じるようにしている。
敷地中央に配置された小さな部屋は、クライアントが営むショップスペースとして利用され、玄関ホールと繫げることで生活動線がスムーズになっている。また、人の出入りや外部の様子を確認出来るように開口部をアプローチ側に設けた。
屋根形状に合わせ最大限の高さを確保した2階の内部空間は、トップライトから入る光や空間の連続性によって演出され、視線の流れを意識したデザインとなっている。
公園に面した特徴的な大きな窓は、自然光を十分に取り込む高窓と視線を遮りながら柔らかな光と風を取り入れる開口部で構成されている。窓枠と一体でデザインされた造作家具は、空間に繋がりを生み出し、室内を凛とした空気で満たしている。
公園に面した小窓から子供が顔を覗かせる情景は、巣箱から小鳥が顔を覗かせてくれるようで愛らしい。
この住宅では、日々の暮らしの中で、様々な情景が美しく演出されていく。
The house was designed for a couple and children on 97 m2 of relatively a small ground in an urban district of a city center. The site is surrounded by newly built apartment buildings and various types of houses mixed together. Across the street, there is a park where parents can have their children play. For this project, it was requested to build a house that incorporates both functionality and design properties even if it may be small, while maximizing the environment of the site. The appearance has been designed to include both massive and floaty feel that is generated by manipulating volume and proportion of configuration. The piloti space under the cantilevered eaves is used as a parking space, porch, and approach to entrance.
The space between the porch and the border of the street is used for planting to effectively display the building as well as to give a feel of linkage with the park.
A small room positioned at the center of the site is used as a gallery run by the client. The room is connected to the entrance hall to secure a smooth traffic line for residents. An opening is provided on the approach side so that one can check who comes in/out or what happens outside.
The internal space on the second floor that has secured a maximum height in accordance with the roof shape is produced by light coming in from a top light and space continuity, which results from eye-conscious design.
The distinctive large window facing the park is composed of a high window that introduces enough natural light, and an opening that takes in gentle light and breeze while blocking eyes from outside. The house fixture designed to be incorporated in the window frame connects the spaces, and fills the room with dignity.
Scenes of children appearing at the small window facing the park resemble little birds poking their heads out of a nest, which looks so adorable.
This house produces various beautiful scenes in daily lives of the residents.
Location: Tokyo,Japan
Client: Private
Construction Year: 2017
Site Area: 97.28m2
Constructed Area: 106,4m2