WORKS
035.
フレーミングする家
Framing house
Design : Kouichi Kimura
Photograph : Yoshihiro Asada
クライアントの要望は、居住スペースの他にギャラリー化できるスペースを設けることであった。
この要望が建物に特徴ある空間を生み出す起点となっている。
建物を特徴づける街路から建物奥まで続く通路は、居住スペースとギャラリーへの動線としての機能を持つ。
この空間は奥に続く中庭をフレーミングし、外部からの見通しに遠近感を与えている。
また、居住スペースとギャラリーとの領域を繋ぐ役割を果たしながら、半屋外空間としても多目的な利用が可能になり、生活空間をより豊かにする。
各スペースは、それぞれの領域を分けているが、フレーミングした壁の開口によって視線が繋がり、お互いの気配を感じながら暮らしていけることを意図している。
上階の居住スペースは、窓、書棚、収納、部屋を、繊細な色彩とミニマムな形状でフレーミングし、区切りながらも繋がりと距離感のあるスペースをつくり出している。
この住宅は、半屋外通路スペース、ギャラリー、居住スペース、それぞれが、フレーミングの中で領域を語りながらも、住空間に豊かな繋がりを生み出しいている。
The client requested to have a space that can be used as a gallery in the house in addition to the habitable space. The request triggered creation of characteristic spaces within the building.
The characteristic passage laid out from the street through the back of the building functions as the line of flow to the habitable space and the gallery.
The passage space frames the courtyard connected to the back, giving perspective to the external appearance.
Moreover, as a semi-open-air space, it allows multipurpose use while playing a role of linking the habitable space and the gallery, which makes the living spaces richer. While the spaces are separated and independent from each other, the framed openings created on the wall allow continuous sightline between these spaces. These openings have been designed so that the residents feel the atmosphere from each other.
At the upstairs habitable space, the windows, bookshelves, storages, as well as the rooms, are framed and separated by exquisite colors and minimum shapes, yielding to the space a sense of linkage and distance.
Consisting of the semi-outdoor passage space, gallery, and habitable space, all of which are framed and depict themselves, the house creates affluent linkage within the living spaces.

Architects: FORM/Kouichi Kimura Architects
Location: Shiga,Japan
Client: Private
Construction Year: 2015
Site Area: 158,83m2
Constructed Area: 127,85m2