WORKS
034.
親密な家
Cozy House
Design : Kouichi Kimura
Photograph : Yoshihiro Asada
この建物は、住宅が密集し道路幅も狭い狭小敷地に建つ住宅である。
このような環境の中、豊かな内部空間を内包する小さく美しい住宅を提案した。
1階は、先に駐車スペースを確保し、残されたスペースを最大限に活かすため、
寝室と子供室を直接階段ホールに繫がる構成にしている。
この小さなホールは、上階からの光と階段壁のフォルムによって、
視線と光が抜けてゆくリズミカルで明るい空間になっている。
2階部分は、最大限のヴォリュームを確保するため、
法規制が許す限り前面道路側にせり出し、
LDKと多目的に利用される小部屋、水回りを配置している。
また、視覚的な広がりを演出するために天井の高さに変化をもたせ、
多様な位置から光が射し込む開口部を配置した。
そして造作された家具によって、スペースは有効に利用され、
親密で広がりある空間が生み出されることになる。
広い空間では表現できない小さな空間から生まれる心地よさは、
この家の大きな魅力になっている。
The house is built at one of the small sites crowded with houses and surrounded by narrow roads. With such conditions, we suggested the beautiful and compact house that includes enriched inner spaces.

On the first floor, the parking space is secured first, and the remaining space is best utilized by connecting the bed room and child’s room directly to the stair hall.
At the small stair hall, clear sightlines is ensured by the light passing through from upstairs and the shape of the stair wall, making the space bright and rhythmical.

The second floor is protruded toward the front road to the best possible extent allowed by the relevant regulation so that the maximum volume can be secured for the use of the living room, dining kitchen, small versatile room, and wet area.

The ceiling height is varied to produce visual expansion, and several openings are designed so that light comes in from various positions.

The furnished fixtures make the space effectively used to create a cozy but expanding place.

The comfortableness, which is produced by the small space and would hardly be realized by a broad space, is a major fascination of this house.
Architects: FORM/Kouichi Kimura Architects
Location: Shiga,Japan
Client: Private
Construction Year: 2015
Site Area: 80,58m2
Constructed Area: 92,21m2