WORKS
033.
窓辺の家
Scape House
Design : Kouichi Kimura
Photograph : Yoshihiro Asada
この建物は、ひな壇状に造成された高台の住宅地にあり、敷地からは、湖の美しい景色を望むことができる。
クライアントの要望は、その景色を最大限に活かすこと、周囲からの視線を気にしなくてもよい開放的な空間である。
この計画では、窓辺に光・景色を取り込んだ多様性のあるスペースを創り出すことで、この家の魅力を引き出したいと考えた。
窓辺に見る景色は、窓の大きさや位置によって大きく影響される。
大開口の窓によって景色を大きく取り込むステレオタイプな考えではなく、窓によってフレーミングされる景色から何を取り込み何を隠すかを考えることが大切である。
このフレーミングされた窓によって、窓辺には、外からの視線を気にすることなく光・景色を楽しめる居心地の良いスペースが生みだされる。
スペースは、外を眺めたり、読書をしたり、食事などにも利用できるようにテーブル、べンチ、本棚、ニッチなどを造作してそれぞれの場所の特性を引き出すことで多様性を生み出している。
スペースは、素材感のあるモルタルによって構成されており存在感を際立たせながらも、視線の抜けと繋がりによって解放的な空間を生み出している。
また、室内を移動することで展開する光・景色の視覚的変化を映し出す大切な要素でもある。
箱型のヴォリュームと窓がリズミカルに配置されたダイナミックな形態の中には、光・景色を取り入れ周囲の視線からも守られた美しい生活シーンが演出されているのである。
The house is located in the tiered-developed residential area on a hill. From the site, the beautiful scenery of the lake can be viewed.
The customer requested that the view be fully utilized and that the space be opened while not being bothered by eyes of neighborhood.

In this project, versatile spaces that incorporate light and scenery were intended by the windows in order to bring out the best in this house.
Scenery viewed through a window is greatly affected by the size or position of the window.
It is therefore essential to consider what should be viewed or not in the scenery framed by the window, instead of being stereotyped to take in the large area of the scenery by providing the largely-opening window.

The windows as framings produce comfortable spaces where you can enjoy light and scenery without being annoyed by eyes of neighborhood.
The spaces incorporate a table, bench, book shelf, niche, and other furniture items so that you can utilize there to view outside, read books, eat meals, etc., which brings out characteristics of each space and provides its versatility.

The space is composed of mortar with a feel of texture, highlighting its presence. At the same time, it provides openness created by the clear and continuous sightline.
In addition, the space also serves as an indispensable element that reflects visual changes of light and scenery developed while moving around the room.

The dynamic configuration involving the box-shape volume with rhythmical layout of the windows produces beautiful life scenes where light and scenery are taken in while the eyes of neighborhood are blocked.
Architects: FORM/Kouichi Kimura Architects
Location: Shiga,Japan
Client: Private
Construction Year: 2014
Site Area: 244,632
Constructed Area: 137,37m2