WORKS
032.
奏でる家
Tuneful House
Design : Kouichi Kimura
Photograph : Yoshihiro Asada
敷地は、新旧の住宅が混在した住宅地の一角にある。
クライアントの要望は、”標準のコストで建てられる豊かな生活が過ごせる家”であった。
周囲の環境から導かれた閉鎖的な外観は、両端部に立ち上がる垂直壁と縦長の開口部そして水平ラインを強調した庇で構成されている。
周囲と馴染みながらも醸し出す不思議な感覚は、この家の内部に特別な空間が内包していることを暗示させている。
玄関を入るとスリットのある建具で仕切られたスペースが現れる。このスペースは、音楽室として利用され、リズミカルに並ぶスリットは、この部屋らしい雰囲気をつくり出している。
また仕切られた建具を引き込むことで玄関・ホール・廊下が繋がり視覚的な広がりを持つ一体空間としても機能する。
2階には、LDKが計画されており一室空間の中に様々な空間演出がなされている。
室内にはトップライトからの光を鈍く反射し素材感を際立たせた壁が配置されている。
この壁は、構造壁であり、空間を分節するエレメントでもある。
分節されることで生まれた回遊性のある動線は、魅力あるシークエンスを作り出す。
そして注意深く取り付けられたテーブル・ベンチ・照明によって美しい生活シーンが生み出される。
視覚的効果と光の演出は、対面する階段室周りにおいても計画されている 階段室に配置した植栽スペースは、階段室と吹抜けを穏やかに分節し心地よい距離感をつくり出している。
温かみのある木肌の壁と木製ルーバーからの拡散光は、スペースを優しく包み込み日々の生活を心地よく演出する。
この家を豊かにしているのは、凝ったディテールや高価な素材ではなく視覚的効果をもたらす空間構成なのである。
The site is located at a corner of the residential area where old and new houses are mixed together.
The client has requested to build a house for their enriched lives at an ordinary cost.
The reclusive external appearance, induced by the surrounding environment, is composed of the vertical walls that stand at both sides, the longitudinal opening, and the eaves that accentuate horizontal line. It blends with the surroundings and yet gives a peculiar feel, implying that the house includes a unique space.
Entering at the front door appears a room separated by the sliding doors that have rectangle slits. It is used as the music room. The rhythmically laid out slits create atmosphere that matches the room. In contrast, by closing the sliding doors, the room is connected with the entrance, hall, and passage, functioning as a unified, visually expanded space.
On the second floor, the living-dining room is planned. Various space renderings are provided in this single room.
The room contains a wall which dimly reflects light from the top light and thus its texture is highlighted.
This is a structural wall, and also an element that divides the space.
By dividing the room, it has brought about migratory traffic that creates a fascinating sequence.
In addition, the carefully placed table, bench, and lighting fixture provide beautiful life scenes.
Such visual effects and light renderings are also planned around the staircase located at the opposite side.
The planting space at the staircase modestly separates the staircase and the atrium to give a pleasant distance between them.
The wall with warm wood surface and the light dispersed through the wooden louver gently embrace the space to produce comfortable lives.
What enhance this house are neither the elaborate details nor expensive materials, but the spatial composition resulted from the visual effect.
Location: Shiga,Japan
Client: Private
Construction Year: 2014
Site Area: 124,78m2
Constructed Area: 130,02m2