WORKS
029.
静謐な家
House of Silence
Design : Kouichi Kimura
Photograph : Takumi Ota, Kei Nakajima
クライアントは、周囲の環境に影響されない豊かな生活を過ごせる家を望んでいた。

コンクリートのヴォリュームで構成されたこの建物は、窓も少なく壁によって閉ざされ囲われているが、外部からは想像できないほど多様な内部空間を内包している。外壁の荒々しいコンクリートと鈍い光沢のあるるタイル、鐘楼のような開口部は、内部空間の多様性を暗示させている。
内部空間は、天井高、床のレベル差などの断面と光の質によって分節され、
回遊性のある動線により繋がっている。

壁で囲われた外部空間(テラス)は、周囲からの視線を遮りながら光の変化によって 様々な表情を浮かび上がらせている。又、高さのコントラストつけたスケールによって、
実際の容積をはるかに上回る奥行き、広がりを感じさせる空間になっている。

この家は、回廊を巡るように光を伴った多様なシークエンスを体験する事と似ている。
また、周囲のランドマークのように存在しながらも高いプライバシーと豊かな内部空間を内包している。
The client wanted to have a house which is not influenced by the environment of its location.
This architecture, which is composed of a concrete volume, has not got many windows
and is closed by walls, but has got a variety of space inside that you will never imagine from outside.
The rough concrete finish, shiny tiles and an opening like a belfry will give you a hint of the variation of spaces inside.
The inside spaces are divided by the ceiling height, the different levels of floor and type of lights, and are then connected by the circulated line of flow.
The inner court is cut off from the outside environment and shows a variety of expressions as the light changes.
Moreover, the contrast of the height makes the space even deeper and wider than it actually is.
This house will give you the experience of going through a variety of sequences, like going through cloisters with the light. It exists as a landmark in the town, but it also has highly secured privacy and variety of spaces inside.
Location: Shiga,Japan
Client: Private
Construction Year: 2012
Site Area: 394.42m2
Constructed Area: 321.23m2