WORKS
028.
Café CROSS
Café CROSS
Design : Kouichi Kimura
Photograph : Kei Nakajima
Café CROSSは,郊外の住宅地に建っている。

印象を強めるダイナミックな片流れ屋根のあるファサードは、
ホールにも教会のようにも見え建物自体がサイン的なものになっている。

一方内部では、ミニマムな空間に自然光を生かした繊細な処理がなされている。
内部奥にあるベンチシートが備え付けられた高さのある壁は、
大きなガラススクリーンを介して外部壁と繋がっている。
この壁には、スタッコが、アクション・ペインティングのように吹き付けられ抽象絵画のキャンパスのようになっている。
サイドライトから差し込む光の変化は、
この壁に繊細なシ—ンを映し出し人の意識を奥へと誘い想像させる。
刻々と変化する空の様子を映し出すガラススクリーンは、
視覚的な広がりと自然の美しさをもの静かに演出する。

このカフェ空間を豊かにしているのは、
高価な材料や目新しい建材ではなく光と影の演出によるものである。
このカフェが地域の人々に受け入られ“癒される場所”になる事を願っている。
Cafe CROSS has been built in a residential area of the suburbs.
With its dynamic shed roof that strengthens impressiveness, the façade looks like a hall or a church, making the building something like a sign. Whereas in the inside, natural light is utilized in the minimal space to provide subtle appearance.
At the back stands the tall wall, which is furnished with a bench seat inside, and is extended to the outside with a large glass screen in between. The wall is sprayed with stucco in such a manner as action painting, making it look like a canvas of an abstract art piece.
The fluctuating light coming from the sidelight projects delicate scenes on the wall to invite one’s consciousness to the depth of imagination. The glass screen that reflects the ever-changing sky condition quietly provides visual expanse and natural beauty.
What enriches the space of the café is not the expensive materials or novel products, but the rendering by light and shadow.
It is hoped that the cafe will be accepted by the community as “the healing place”.
Location: Shiga,Japan
Client: Private
Construction Year: 2012
Site Area: 486.16m2
Constructed Area: 121.45m2