WORKS
027.
表象の家
House of Representation
Design : Kouichi Kimura
Photograph : Takumi Ota
田園風景が広がる恵まれた環境地に計画された住宅である。
クライアントからの要望は、親密でありながらも広いリビングのある空間を創りだすことであった。

外観は、田園風景に新たな風景を生み出すべくモニュメンタルな形態としている。
内部空間では、レベル差のある広いリビングを中心に通路を巡らせ
各部屋へと繋げる求心的なプランを計画した。

この通路の周りには、質感や形状の違ういくつもの壁が取り囲んで豊かなシ―クエンスを内部空間に創り出す。
視線は外部に抜けることなく常に内部へと向けられ、
自然光は間接光として壁面や空間を柔らかく際立たせることになる。
こうした『光』と『視線』の制御という基本操作によって内部空間をより親密で奥行きのあるものにしている。

アクロバッテックな空間構成といった大きな操作を用いることなく
光と視線の制御という小さな操作を緻密かつ詩的に行うことで
非日常を表象した空間を生み出しているのである。
This house is planned on a site where there are beautiful views of the country side.
The request from the client was for the creation of intimacy, but with a large living area.
he exterior is designed as a monumental form so that it can be seem to be a new addition to the countryside scenery.

I created a centripetal plan where each room is connected through a corridor from the multi-level living area.
Around the corridor, walls, which have different textures and shapes, make a sequence inside the space.
The walls and spaces are highlighted by natural, indirect light, so your eyes are drawn to, and focus on, the interior: By the basic processes of manipulating and controlling “light” and “views”, I tried to make the inside space more intimate and deeper.

Rather than doing large gestures of acrobatic space composition,
I have instead created what I feel is a space that represents the unusual, by doing small and poetic movements that control light and the viewers eyes.
Location: Shiga,Japan
Client: Private
Construction Year: 2011
Site Area: 355.72m2
Constructed Area: 213.20m2