WORKS
026.
祈りの空間
Space of Prayer
Design : Kouichi Kimura
Photograph : Takumi Ota
この小さな礼拝室は,開発地域にあるビルの一室に計画されたものである。

聖書には、闇と光の対比がいくつも記されている。
たとえば、『光は闇の中で輝く』 『神は光を見て良しとされた。
神は光と闇とを区別された。』である。

私は、この言葉にインスピレーションを得た祈りの空間をつくりたいと思った。
闇を照らす神聖なる光、光は神そのものを象徴する。
この象徴する光の表現には、光の位置・量が大きく影響することはいうまでもない。
そこで礼拝室に射し込む唯一の光を、十字架の背後から導くことにした。

導かれた光は、十字架を浮かび上がらせ白い壁に反射して光の存在を高める。
一方の闇を象徴するものは、光を受ける礼拝室を取り囲んだ黒い壁である。
黒い壁は、白い壁と対比されることで際立ちそして闇の中で光を輝かせるのである。

小さな礼拝室ではあるが、聖書の言葉を内包させた祈りの空間になっている。
This little place of worship is planned in a room of a building, which is in an area that is currently under development. In the bible, you can find many references about the contrast of darkness and light.
For example, “light shines in darkness”, “God created light” and “God separates light and darkness”. I wanted to create a space of prayer that was inspired by words of the bible.
Since the bible says that the holy light shines in darkness and that light symbolizes God himself, it goes without saying that the location of light and the amount of light influences the expression of the symbolic light.
Therefore, from behind of the cross, I decided to allow the only light coming into the place of worship. This light makes the cross appear to be floating.
The amount of light on the interior is increased with the reflection off the white wall.
Darkness is symbolized by the black wall which surround the place of worship. The black wall stands out in contrast to the white wall and lets the light shine into the darkness. Even though it is a little place of worship, it is a space of prayer that was inspired by the words of bible.
Location: Shiga,Japan
Project Year: 2011