WORKS
022.
響き合う家
House of Resonance
Design : Kouichi Kimura
Photograph : Takumi Ota
夫婦と子供、そして猫のための小さな住宅である。
クライアントは、かつてこの土地に建っていた住宅に長年暮らしていた。
その住宅が老朽化したため、新たに住宅が建てられることになった。
そこで、「慣れ親しんだ環境の中で、新鮮な感覚を得られる住宅」の提案を試みた。

外観は、複数のヴォリュームを組み合わせ、色を配置することで成り立っている。
ヴォリューム間の色を、コントロールすることで、ファサードそのものに奥行きを与えると同時に、エントランスまでのシークエンスを効果的に演出している。

内部空間では、階段と吹き抜けをコアとして建物中央に配置し、それを各スペースと中庭が取り囲む構成とした。そして、各スペースに呼応する素材・色・光を選択し空間の意図をより強く表現させた。
その結果、空間が立体的に立ち上ると同時に、水平方向にも回遊性が生まれ、様々な素材の質感・色・光が相まって、多様な感覚を生み出すことに成功した。

空間と生活が、移り行く光と影によて、響き合い、豊かさを増していくのである。
This is the small house for a couple, child, and cat.
The client lived for a long time in the old house that was built on the site. As the house became older, they decided to build a new house. With such a background, a proposal was made to build “a house with fresh feeling in the familiar surroundings”.
The external appearance is established by assembling several volumes and laying out colors. Careful arrangement of colors from volume to volume gives the façade depth, and produces as well an effective sequence to the entrance.
For the internal configuration, the stairway and open ceiling, which are positioned in the center as the core of the building, are surrounded by each room and courtyard.
The material, color, and light that match each room are selected to strongly express the space’s design. As a result, the space sterically rises and horizontally creates migration, which mixes variety of material textures, colors, and lights together, succeeding in generating various feelings.
The migration of light and shadow, makes the space and life resonant with each other, and adds richness.
Location: Shiga,Japan
Client: Private
Construction Year: 2007
Site Area: 235.52m2
Constructed Area: 116.72m2