WORKS
021.
展開する家
House of Spread
Design : Kouichi Kimura
Photograph : Takumi Ota
30代夫婦のための住宅である。
この住宅を設計する際にクライアントから次の要望があった。
「リビングに接続する和室を設けること」 「和室に仏壇を置くこと」
この二つの条件は、私に”和”の空間を強く想起させるものであった。
この感覚を、建物全体を構想する出発点とし、この住宅は設計された。

恵まれた広い敷地を活かして、建物を平屋建てとし、
中庭を取り囲んだプランを計画した。平屋建ては、庭園を鑑賞する和の空間として日本人の美意識が反映する建て方である。

内部では、リビングと和室を、直接中庭に面するのを避け配置した。
それによって、”和”を感じさせる、間接的な光のみが入る薄暗い空間としている。
それは、光あふれる中庭への期待感を演出するためでもある。
リビングを抜けた奥にあるダイニングに辿りついて初めて、中庭の明るい光を感じることができるのである。対照的に、ダイニング、寝室、洋室、浴室は直接中庭に面しており、
充分な光をそれぞれのスペースに取り込むことができる。

日本庭園を抽象化したような中庭は、慎重に配置された自然石と、
外壁から垂直に伸びる塔が特徴となっている。
この二つの要素は、室内からの人の視線を受け止め、
建物の外部に広がる日常的な風景に意識が向くことを防いでいる。

この住宅では、中庭と各部屋の関係を注意深く考え、その位置を決定している。中庭からの導線が、ひとつの建物の中に様々な感情を持つ”和”の空間を展開していくのである。
This is the house for a couple aged 30-something.
When I began to design the house, the client requested that the living room should be connected to a Japanese room, and that a Buddhist altar be appointed in the Japanese room.
These two requests strongly reminded me of the “Japanese” space, which has become a starting point to make the entire concept of the architecture and to design this house.
To make good use of benefit of the spacious site, we planned a one-storied building that surrounds a courtyard. For a Japanese-style space in which to appreciate the garden, the flat building reflects aesthetic values of the Japanese. We avoided the living room and Japanese room from being faced with the courtyard, which only allows indirect light to reach these rooms. The spaces therefore become dim, imparting “Japanese” taste.
This also produces expectation for the sunlit courtyard. You can feel brightness of the courtyard only when you get to the dining room beyond the living room.
In contrast, the dining room, bed rooms, and bath room are faced with the courtyard, taking in plenty of sunlight. The courtyard, which looks like abstraction of the Japanese garden, features the carefully positioned natural rock and the tower that rises vertically from the exterior wall.
These two elements are intended to gather the line of sight of people in the room, and thus to keep their attention away from the mundane landscape expanding outside the architecture.
For this house, the relation between the courtyard and each room has been carefully considered to determine the position.
The flow lines from the courtyard spread the “Japanese” spaces around the architecture that involves various feelings inside.
Location: Shiga,Japan
Client: Private
Construction Year: 2010
Site Area: 707.21m2
Constructed Area: 152.33m2