WORKS
020.
集積する家
House of Integration
Design : Kouichi Kimura
Photograph : Takumi Ota
若い夫婦と子供のための住宅である。
クライアントは、昔ながらの日本の民家への憧れを持っており、
また、敷地周囲に広がる豊かな田園風景を、新しい住宅に活かすことを望んでいた。

そこで、建物1階中央に半外部としても機能する広い玄関スペースを計画した。
古い民家にみられる土間と座の関係を想起させるこのスペースは、
夫婦の寝室、子供室、水周り、二階への階段と接続しており、
住宅内部の導線の核となると同時に、クライアントの多様な使い方を許容するものとなっている。

2階にはリビングルーム、ダイニングルーム、キッチンが設けられている。
2階へと向かう人の視線は、色彩と光に誘導され、
開口部の外に広がる豊かな田園風景へと向けられるように考えられている。

小さな家ではあるが、田園風景と調和するミニマルなヴォリュームの中に、
様々な素材や色彩を用いることによって生まれた多様で豊かな空間が集積されているのである。
This is the house for a young couple and their child.
The client had a longing for the traditional Japanese folk dwellings, and desired to take advantage of the surrounding bountiful idyll in the new house.
We planned in the center of the first floor a spacious foyer that functions as a semi-exterior area.
This space, which evokes relation between the DOMA (dirt floor) and ZA (habitable space floor) often seen in the old Japanese folk dwellings, is connected with the couple’s bedroom, child room, bathroom, and stairway to the second floor. It plays a role as the core of the flow line inside the house, and can be used in a variety of ways in accordance with the client’s needs.
The living room, dining room, and kitchen are laid out on the second floor.
We designed so that the line of sight is led by colors and lights when you go upstairs, to the idyllic scenery that spreads outside the opening. The house, though it may be compact, integrates diversified and productive spaces produced by various materials and colors, in its minimal volume that blends in with the idyll.
Location: Shiga,Japan
Client: Private
Construction Year: 2010
Site Area: 166.21m2
Constructed Area: 116.06m2