WORKS
019.
内包する家
House of Inclusion
Design : Kouichi Kimura
Photograph : Takumi Ota
新興住宅街に立つ30代夫妻のための住宅である。
周囲を住宅に囲まれていることから、外界を遮断しながらも、
閉鎖的になりすぎない、人の五感に訴えかける豊かな空間を目指した。

まず、リビング、ダイニングなどの居室と外部の間に、
小さなパティオとそこへ向かうための小道をレイアウトした。
そのまわりに、外部からの視線を遮る塀として壁を建て、
パティオには植栽と池を配している。そして、緑や水を切り取ったピクチャーフレームを
居室から望む趣向とした。

建物を囲む壁によって間接光が導かれ、柔らかな光が室内全体に回り込むこの家には、
様々な場所に情緒的なシーンが存在している。
居住空間とそこで営まれる暮らしが緑や光に包み込まれる。
そんな優しい空気感に満ちた空間となった。
This house, located in a new residential area, is for a 30-something couple.
Surrounded by other houses, the design goal was set up to block out the outside world while avoiding too much closure, as well as to provide rich and sensuous spaces. First, a small patio and a path connected to it were laid out between the living/dining room and exterior. They are surrounded by a wall that blocks off the line of sight from outside. Planting and pond are laid out at the patio, so that the picturesque images of green and water are viewed from the rooms.
Enclosed by walls that create indirect light filling softly the entire room, the house presents sentimental scenes here and there. The living spaces and the life lived there are enveloped by green and light, creating an affectionate environment.
Location: Shiga,Japan
Client: Private
Construction Year: 2009
Site Area: 215.35m2
Constructed Area: 151.71m2