WORKS
018.
見つめる家
House of Vision
Design : Kouichi Kimura
Photograph : Takumi Ota
敷地は、野原と住宅が混在する山裾にある。

クライアントからの要望は、『視線を気にする事なく、
自然を感じながら生活したい』という事であった。
そこで敷地を最大限に利用するため建物より外延する堀で敷地を取り囲み、
中庭を中心としたプランを計画した。囲い込まれた空間は、
周囲の風景を切り取り外部にさらされない快適なアウトドアリビングを創っている。
開口部の位置は、景色から『何を採り込み.何を隠すか』を考え入念に計画されている。
特に2FのLDKにおいての開口部は、インテリアに呼応するよう最も効果的な位置と形態になっている。

この家では、開放的な環境の中で『いかに閉じて開くか』が
最も重要なテーマになっている。
The lot is located at the foot of a hill where the fields and houses are mixed together.
The client’s desire was “to live while feeling nature without being bothered by looks from the neighbors”. To make the best use of the lot, the planning was designed to enclose the lot with the trench extended beyond the building, and to provide an interior courtyard as the center.
The enclosed space clips images from the surrounding landscapes, creating a comfortable outdoor living room that is not exposed to the outside world. The position of each opening is carefully designed in consideration of “what to take in and what to conceal”. Specifically the position and form of the opening of the living/dining room with kitchen on the second floor is most effective in concert with the interior.
In this house, the most important theme is “how to close/open” in the open environment.
Location: Shiga,Japan
Client: Private
Construction Year: 2008
Site Area: 327.97m2
Constructed Area: 181.74m2