WORKS
017.
拡散する家
House of Diffusion
Design : Kouichi Kimura
Photograph : Takumi Ota
このプロジェクトは、30代夫婦の為の家である。

クライアントの要望は開放的でありながら変化に富んだ空間を創ることであった。
敷地は、田園風景の残る分譲住宅地の一角にあり敷地の東側からは丘陵地の景観を望むことができる。
プランの形態は、この景観を取り入れつつ近隣からのプライバシーを守る為、外部に繋がりつつ内に閉じる構成とした。

また、単一の空間でも過度に分節された空間でもない”拡散された空間”は、
切り取られた風景・導かれた光・フレキシブルなスペースにより多様な居場所を住み手に提供している。
This project was requested from a 30-something couple. The client desired an open and varied space. The lot is located at a part of subdivision lots where idyllic scenery still remains.The east side of the lot faces a hilly area. The plan has been designed to incorporate the scenery as well as to protect privacy from neighborhood, resulting in the composition of being connected with the outward world while closed inward at the same time.
The “diffused space”, which is neither single nor too much divided, provides to the owner a variety of living spaces produced with the views clipped from landscapes, introduced lights, and flexible spaces.
Location: Shiga,Japan
Client: Private
Construction Year: 2008
Site Area: 150.24m2
Constructed Area: 150.52m2