WORKS
012.
導かれる家
House of Directivity
Design : Kouichi Kimura
Photograph : Takumi Ota, Chiharu Nishioka
この家はかつての宿場町であった旧街道に面している。

周辺の環境に配慮し、現存する伝統的住宅を想わせる形態をもったファサードで
はあるが、外観からは想像出来ない空間を内包している。

家の中心は階段を含む3層吹き抜けの高さを持つホールで各部屋がつながり、 天井高の変化、壁面の重なり、ハイサイドから差し込む光によって導かれる視線の移行が、 この住宅に非日常性をもたらすことになる。